ビルベリーの視力回復効果は本当なの!?アントシアニンの効能

眼鏡を持った男性の画像

 

ビルベリーは目の健康のためのサプリメントによく使われていますが、本当に視力回復効果があるのでしょうか。
ビルベリーが目のサプリに含む成分として人気があるのは、アントシアニンが多く含まれているからだと言われています。
ここではアントシアニンの視力への効果、効能を紹介したいと思います!

 

 

ビルベリーでパイロットの目が良くなった?

パイロット

 

そもそもビルベリーが目に良いと有名になったのは、ある逸話があったからでした。
その逸話は第二次世界大戦中のイギリス空軍のパイロットの話で、ビルベリーの効果を示したエピソードです。

 

イギリス空軍のあるパイロットは、ビルベリーのジャムが大好きで毎日食べていました。
当時はビルベリーに目への効果があったとは知られていなかったのですが、そのパイロットは夜間の作戦や夜間飛行の際に、「薄暗いところでも物がよく見えるようになった」と話したそうです。
そしてその話がきっかけでビルベリーの研究が進められるようになり、アントシアニンという成分の発見に繋がりました。

 

その後、ビルベリーは1976年に医薬品として承認され、今でも目の疾患の治療薬として使用されています。

アントシアニンの効果、効能とは?

ビルベリーの画像2

 

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、目に対して優れた効果や効能を持っているということで知られています。
ではアントシアニンには一体どんな効果や効能があるのか、詳しく紹介したいと思います!

 

高い抗酸化作用を持っている

アントシアニンの働きのひとつである抗酸化作用は、人間の老化の原因となる活性酸素を除去する働きのことです。
活性酸素が目に及ぼす影響としては、老眼や白内障、緑内障といったトラブルが考えられますが、この活性酸素は紫外線やストレスなどで体内に発生します。

 

アントシアニンはこうした活性酸素を除去する働きがありますので、老眼などの老化が原因で起こる様々な目のトラブルを予防することができます。

 

目の疲労を回復させる効果がある

目の疲れの画像

 

アントシアニンにはロドプシンという成分の再合成を促進する働きもあります。
ロドプシンとは、人間が目から情報を得た際にその情報を脳に送るといった役割を持ったものですが、このロドプシンは光の刺激を受けることで分解されます。
分解されたロドプシンはその後再合成されるのですが、目の状態によってはこれが追い付かずにかすみ目や目の疲れといったことに繋がります。

 

アントシアニンはこのロドプシンの再合成を促進しますので、目の疲れなどを回復させる効果が期待できます。

 

血液の循環を改善させる

他にもアントシアニンには体内における血液の循環を改善させるという効能があります。
アントシアニンは血液の流れを改善することで血行を促進させることができますので、体の隅々まで酸素や栄養が行き渡るようになります。

 

血液の流れが改善されることで、目の内部にある網膜の毛細血管にも効率よく栄養や酸素が届けられるようになり、その結果目の疲れの回復や眼精疲労の予防といった効果が得られます。
視神経に対する血液の流れが改善されれば、それだけ疲れにくい目に近付けることもでき、目の下にできるくまの予防などといった改善効果もあります。

 

毛細血管の保護や強化をする

アントシアニンにはデルフィニジンという物質も含まれています。
このデルフィニジンは網膜内部の毛細血管の保護や強化をする働きをもっています。
これにより先程説明した眼精疲労の回復効果に加えて、眼底出血などの深刻な目の病気を防ぐことができます。

 

栄養素の吸収を助けてくれる

ビタミンの画像

 

実はアントシアニンは、栄養素の吸収も助けてくれるといった効果もあります。
アントシアニンと同時に摂取した栄養素を体内に効率よく吸収してくれる効能なので、併せて有効成分も取り入れておくのがおすすめです。

 

一緒に摂取するおすすめ成分は、やはりビタミン類でしょうか。
ビタミンやミネラルといった成分は、アントシアニンと同じく活性酸素を取り除く抗酸化作用に優れた働きがありますので、これらの成分をアントシアニンと同時に取り入れるとより効果が期待できます。
また、アントシアニンが配合されたサプリメントの中には、こうした効果を見越してビタミン類を同時に配合されているものが多く、より効率的に栄養補給ができるように工夫されています。

 

 

アントシアニンの効果的な摂取方法や摂取量は?

ブルーベリーtとビルベリーのサプリの画像

 

アントシアニンの効果的な摂取量は?

目をはじめ人体の健康にとって優れた効果をもったアントシアニンですが、実際にアントシアニンを摂取する方法としてはビルベリーやブルーベリーを取り入れるといった方法が一般的です。

 

アントシアニンの一日の摂取量は40〜90mgですが、アントシアニンの摂取のために食用として栽培されたブルーベリーを食べる場合、60g〜300gほどの量が必要とされています。
ブルーベリーなどのベリー系のフルーツは一粒がそんなに大きくないため、300gはかなりの量を食べなければならないことになります。

 

その事を考えるとアントシアニンを体内に補うための方法としては、ベリー系フルーツをそのまま食べるのではなく、ビルベリーなどを精製したサプリメントを利用するといった方法が一番楽で効果的だと思います。

 

アントシアニンの効果的な摂取の仕方とは?いつ飲めばいい?

アントシアニンの摂取方法ですが、せっかく体にとって良いものを取り入れるのですから、少しでも効果的で効率の良い方法で摂取したいですよね。

 

アントシアニンは特性として、24時間効果が続くというものがあります。
しかし実際にその効果が出てくるのは飲んでから3〜4時間程かかるということなので、飲むタイミングとしては朝食後や朝のお出かけ前がベストかもしれません。

 

寝起きに目覚めのお水一杯と一緒にサプリメントを飲むなどの習慣をつけてもいいと思います。
実際にビルベリーサプリを飲んでいるのですが、仕事でPCを使うため、眼精疲労などの対策としてはやはり仕事前に飲む方法が一番効果を感じることが出来ます。
体験談を載せているのでよかったらこちらも参考にしてください。
ビルベリーサプリを実際に飲んでみました!効果はあった?

まとめ

今回は目に良いとされる成分、アントシアニンの効果や効能をまとめてみました!
アントシアニンを多く含むビルベリーの効果として、視力を完全に回復するというのは難しいかもしれません。
しかし眼精疲労やかすみ目などを回復することにより、視界をクリアにし文字などがくっきり綺麗に見える効果は期待できます。

 

また、年齢や病気により視力が低下してしまうのを予防する効果があるので、今現在より視力が悪くなることを対策することが出来ます。
病気や目の疲れにより薬を飲み続けたり、点眼薬をさしてやり過ごすよりも、ビルベリーを摂取する方が副作用もなく楽に健康維持が望めるでしょう。